オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

コンタクト共振粘弾性マッピングモード

MFP-3D AFM/SPM 用のコンタクト共振粘弾性マッピングモード (Contact Resonance Viscoelastic Mapping Mode) は、約1 GPa〜300 GPaの弾性率を有する材料に適しており、弾性および粘弾性ダンピングの両方を定量的にマッピングします。Dual AC™ 共振トラッキング (Dual AC Resonance Tracking; DART) やバンド励起 (Band Excitation) など、アサイラム・リサーチ独自のテクノロジーにより、このテクニックの感度と精度の向上が実現しました。探針またはサンプルのいずれにおいても、広帯域で周波数に依存しない正確な駆動が可能となります。

  • コンタクトモードテクニックで、貯蔵弾性率 E’および損失弾性率 E’’ の両方を測定

  • 1 GPa ~ 300 GPa のサンプルに適用

  • ラインスキャンレート 0.1~2 Hz


お問い合わせ

ご興味ございますか?

その他アプリケーション

ポリマー(高分子)の物性測定層状高分子構造のイメージング・故障解析ポリマー添加剤の分析