オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

高速フォースマッピングモード (FFM)

Jupiter XR AFM対応の高速フォースマッピング(Force-distance curve mapping)モードは、高速(最大2500 Hz)でフォースカーブ(力-距離曲線)を測定し、イメージ内で全フォースカーブを取得します。リアルタイムおよびオフラインの両方で解析モデルを適用し、弾性率、凝着力、その他の特性を計算することができます。

  • 最大2500 HzのZレートで動作するフォースマッピングモード

  • イメージ中の全フォースカーブをキャプチャし、 カーブの損失や隠れたデータ操作は皆無

  • 正確な測定のためディフレクションとZセンサーデータの両方をキャプチャ

  • 弾性率、凝着力、その他の特性の計算に対応した解析モデルを、リアルタイムおよびオフラインで適用可能。これらのモデルはユーザーにより変更可能

  • 10 kPa ~ 100 GPaのサンプルに適しています


お問い合わせ

関連情報

その他アプリケーション

ポリマー(高分子)の物性測定層状高分子構造のイメージング・故障解析ポリマー添加剤の分析半導体・マイクロエレクトロニクスSemiconductor Defect Analysis