オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

AM-FM 粘弾性マッピングモード

MFP-3D AFM/SPM対応のAM-FMモードは、タッピングモードの特長と利点をナノメカニカル特性(力学物性)マッピングに取り入れたものです。通常のタッピングモードは、サンプルへのダメージを極力抑えた状態で、高分解能の形状像(トポグラフィ)を提供しますが、一方、セカンドモードから得られる共振は、材料の貯蔵弾性率および損失弾性率、また、探針-サンプル間のエネルギー損失を定量的に推定するために解析されます。

  • 貯蔵弾性率 E’ と損失弾性率 E’’ の両方を測定するタッピングモードテクニック

  • 50 kPa ~ 300 GPa のサンプルに最適

  • 高速 ― 通常のタッピングモードと同様の速度


お問い合わせ

関連情報

その他アプリケーション

ポリマー(高分子)の物性測定層状高分子構造のイメージング・故障解析ポリマー添加剤の分析